債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。ですから、携帯電話会社への債務を整理しなければ携帯電話を解約せずに済みます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、分割払いはできない可能性が高く、携帯自体の代金は一括払いになります。

けれど、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。もし債務整理をした場合、クレジットカードの更新日から利用ができなくなる恐れがあります。
債務整理をした債権者が信用情報機関に加盟していた場合、事故の記録が残り、加盟業者がこの情報を共有するためです。有効期限が残っていてもクレジット機能が使えなくなるかもしれませんから、引き落としに使っているのなら、他の支払い方法に変えておく必要があります。
Continue reading

闇金被害を解決するには、ヤミ金対策の知見と経験を持つ、弁護士や司法書士を探して依頼することが必須です。ネットや表看板に司法書士もしくは弁護士事務所と表記されていても、おのずと得意とする分野が違います。閉鎖的な闇金融業界においては、法外で活動している犯罪者の集団相手では通常の法律専門家であっても、打ち負かせる相手ではありません。そこには冒頭で述べた知識と経験が何より大事です。
Continue reading