闇金被害闇金について皆さんはどれほど知っているでしょうか。
闇金とは法律で決められた利息の上限をはるかにオーバーしてお金を貸す業者の事です。一度闇金に借りてしまったら最期、一生かかっても返しきれない利息が発生し続けるのです。

ではなぜ、闇金はなくならないのでしょうか。
それはしょうがなく闇金から借りるという人が絶えないこと、また借りた時に発生する高額な利子をきっちり返してしまう人が絶えないことにあります。
そういう人たちを餌にいまも闇金は生き残っているのです。

闇金から身を守る方法は闇金からお金を借りてしまった場合に、その後どのように対処すべきかを知ることです。

では具体的にどのように対処するのか、それは「弁護士や司法書士に相談すること」です。
闇金は違法行為です。法外な利息でお金を貸す契約は無効となります。つまり、利息どころか元金さえも返す必要がないのです。

まずは弁護士や司法書士に相談しましょう。
その時に注意すべきことは、弁護士や司法書士の全てが闇金に対応しているわけではありませんから、相談されるときに確認する必要があります。
弁護士や司法書士は必ずあなたの味方になってくれます。一人で悩んではいけません。

いざ、闇金と決別する場合には、闇金もその道のプロなのですから、様々な口調で脅してくるでしょう。
でも弁護士や司法書士なら法律のエキスパート。闇金から自分の身を守る最大の盾になってくれます。

警察や公共機関の相談窓口は、費用が掛からない分、解決には時間が掛かりますし、たらい回しにされる場合があります。
その点、弁護士や司法書士は闇金業者1件に5万円前後の費用がかかりますが、迅速に解決してくれます。

弁護士もしくは司法書士が設置している無料の闇金相談所を、まずは利用してみましょう。