お肌の手入れ方法には外部要因の化粧品、そして内部要因の食生活改善やサプリメント摂取があります。化粧品を選ぶ際には、肌に刺激を加えるようなものは含まれていないことが肝要です。

刺激が強い成分は、湿疹などを引き起こし、かゆみの原因になりますから十分に注意が必要です。
メーカーの広告や風評に左右されることなく、自分に適したものを選ぶことです。

また、正しい肌の手入れ方法を学ぶことも大事なことです。間違った肌の手入れは症状を悪化させる原因にもなります。
たとえば、顔の皮脂が気になるからといって何度も洗顔すると肌が乾燥してしまいますので逆効果になります。

乾燥肌でない人でも冬の時期になればカサカサになる場合もありますから、洗顔の後や入浴の後は化粧水や乳液でケアする必要があります。

もちろん普段から乾燥肌の人は、冬になると肌のトラブルが多くなりますから、肌の手入れは怠らないようにしましょう。
Continue reading